レディースローンで比較!

【レディースローンはかつて巨大市場だった】

かつて、「専業主婦層」は、消費者金融にとって、巨大市場であったため、多くの業者が、女性専用商品として、「レディースローン」を設けていた時代がありました。
日本の場合は、妻が家計の管理をしていることも多く、自分自身に収入がなくても、配偶者に収入があれば、充分、返済が出来るとう判断からです。

また、女性の方が、比較的、真面目なので、不良債権になる確率が低いとも言われています。

しかし、2010年の法改正で、原則、年収の3分の1を超える貸出しを禁止する「総量規制」が導入され、実質的に無職無収入の「専業主婦」への貸出しは不可能になり、「レディースローン」を取り扱う消費者金融も減少してしまいました。

しかし、最近では、また「レディースローン」が見直されてきており、中小消費者金融の中にも、専用商品を設ける会社も増えているようです。

今回は、いまどきのレディースローンについて、各中小消費者金融を比較してゆきたいと思います。

それでは、ソムリエさん達、解説をお願いします!

 

【レディースローンと通常のローンの違いとは】

柴田
まず、「レディースローン」の特徴について説明しようと思います。
多くの会社が「レディースローン」を、わざわざ別の商品として、通常の「フリーローン」との差別化を図っていますが、実際、何が違うか、ご存知ですか?
中田
「申込みの受付け対応を女性スタッフが行う!」ってことは知ってますが、あとは、何があるんでしょうか。

女性だと、金利が安くなるとかですか?
あと、無職無収入でも借りれるとか!?

柴田
残念ながら、どこの会社の金利も通常ローンと変わりません。

また、消費者金融の場合は、「レディースローン」であっても、「総量規制」が適用されるので、無職無収入の人は融資を受けられません。

実は、消費者金融の「レディースローン」は、「申込みの受付け対応を女性スタッフが行う!」ってこと以外、通常の「フリーローン」と何も変わっていないことが、ほとんどなんです。

中田
そうなんですか!?
では、なんで、わざわざ、「レディースローン」という商品を設ける必要があったんですか?
柴田
まず、消費者金融に申込みをすることに対して、抵抗を持っている人は、まだまだ多いということがあげられます。

特に女性は、消費者金融に「怖い!」という、印象を持っている人が多いようで、同じ女性が受付けしてくれるというだけで、安心感をもって申込みが出来るみたいです。

また、わざわざ女性専用商品を設けることで、「男性に比べて相対的に収入が低い女性に対しても、積極的に融資をしてます!」と、消費者金融が、女性客にアピールすることが出来るということもあります。

 

【レディースローンに申込みをするメリット】

中田
そうなんですね。
じゃあ、女性客に対応してもらわなくても構わないって人は、わざわざ「レディースローン」に申込みをしなくてもいいってことですか?
柴田
いや、やっぱり、「レディースローン」を設けている会社に申込みすることがおすすめです。

先ほども説明したように、「レディースローン」を設けている会社は、女性への貸出しに力を入れていることは間違いないからです。

消費者金融の中には、やはり、「女性客は相対的に収入が低いから信用が低い」という考え方をする会社もあります。

でも、少なくとも、「レディースローン」を設けている会社は、そのような考えでないことは明らかですよね。

中田
なるほど、そういう観点で考えれば、絶対、「レディースローン」がある会社に申込みをした方がいいですね!

 

【各中小消費者金融を比較】

柴田
主だった、消費者金融を「レディースローン」有り無しで、分類してみました。

※レディースローン有り

セントラル(マイレディス)

フクホー

・いつも(女性専用ダイヤルのみある)

・フタバ(レディースフタバ)

※レディースローン無し

・プラン
・アロー
・ライフティ
・ユニーファイナンス

中田
レディースローンが有る会社の中では、選ぶポイントはありますか?
柴田
例えば、セントラルでは、レディース商品を「マイレディス」という商品名にして、公式HPも専用のものを設けて売り出しているので、女性集客にかける意気込みが感じられますね。(フタバも同様)

そういう会社は、わざわざ、そこまでして、別商品(別ブランド)を立ち上げたわけだから、女性客に対する貸出しは積極的なことは間違いありません。

そういう意味では、
一押しはセントラル(マイレディス)
次点でフクホー
ですね。

他にもレディース商品を設けている会社もありますが、もともとの承認率が低かったりと、いくら「レディースローン」を設けていても、おすすめ出来ない会社もあります。

この2社であれば、実績からも間違いはないと思います。

 

中小消費者金融人気ランキングはこちらをクリック!
bnr_cashingranking.jpg

ShibataMasaru

ShibataMasaru

自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。 当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です