惜しくも否決になってしまう人って!?

キャッシング審査をしていると、惜しくもあと一歩というところで否決になってしまう人もいます。

誰がどう見ても完全に否決になるような方はある意味どうしようもないのですが、このようなあともう一歩の方は、どんな内容が多くて、どうすればよかったのでしょうか。

私の審査経験を基に解説していきます。

 

柴田
ここにあげたような方は、「一次審査」の段階で否決になってしまう可能がありますが、内容を改善してから半年後くらいに再度、申込みをすれば、可決になる可能性は充分あります。

 

【総量規制ギリギリ】

現在、消費者金融には総量規制が導入されているので、使途自由のフリーローンの場合は、年収の3分の1を超える貸出しは禁止されています。

このため、いくらその他の属性が良くても、貸金業者からの借入れ額が既に年収の3分1を超えている場合、審査は通りません。

また、いくら年収の3分1を超えていなくても、あまりにギリギリでは可決は望めません。

ここは総量規制の天井まで、少なくとも10万円以上の空きを確保したいところです。
具体的には、年収300万円の方であれば、既存の借入れ額が90万円未満ということです。

申込みも総量規制の天井まで10万円以上空いてからした方が無難です。

※総量規制の判定については、最終的には信用情報や年収証明で裏付けを取っていますが。多くの会社は最初の段階では、申込みフォームに入力した、自己申告の年収額と借入れ額で判定して、ふるいにかけています。
なので、申込みフォームへの入力の時点で、総量規制の天井まで10万円以上空くようになっていないと否決になってしまう可能性があります。

 

【返済が毎回やや遅れている】

キャッシング審査で他社の返済状況は最重要項目です。
他社が現在延滞中であったり、1年以内に1カ月間以上の延滞があった方は、まずなかなか審査には通らないでしょう。
実績から返済能力が乏しいと判断されてしまうからです。

また少しの日数でも、毎回のように返済が遅れている方も、審査からは嫌われます。
例えば、毎回のように一週間以内の遅れを毎回繰り返しているような方です。

このような方は、返済能力に乏しいというよりもむしろ「返済がルーズ」といったほうがしっくりくるかもしれません。

このような方は少なくとも直近半年は遅れずに返済してから申込みをする方が無難です。

 

【転居・転職から間もない】

中小消費者金融では、居住年数や勤続年数でふるいにかけている会社もあります。
消費者金融の審査では「安定性」を重視するからです。

これは各社の自主ルールにもよりますが、目安としては両方とも1年以上あればまず問題ありません。

もし、そこまで待てなくても転居・転職から「半年間」は欲しいところです。

※転居でも単身赴任で本当の自宅での居住年数は長いとか、転職でもグループ会社への出向などの場合は、もちろん、問題ありません。
但し、一次審査で誤解によって否決にならぬよう、申込みフォームへの入力は、長い方の年数を入力しておきましょう。

 

【短期間に申込みが集中している】

ローンの申込みした経歴は6ヶ月間、信用情報に登録されることになります。
そのため短期間にあまり集中して申込みをすると、審査で敬遠されてしまうことがあります。
俗に言う「申込みブラック」です。
敬遠される理由は、

① 切羽詰まった印象を与える
② 負債額が急増する可能性が高い
③ 計画性がないように感じられる

といったところです。

これも各中小消費者金融によって基準は異なりますが、私の見立てでは、1カ月に5件以内であればまず問題ないと思います。

ただ、直近で10件以上の申込みをしていたりすると、さすがに警戒されるので注意して下さい。

 

中小消費者金融人気ランキングはこちらをクリック!
bnr_cashingranking.jpg

ShibataMasaru

ShibataMasaru

自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。 当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です