どこの信用情報機関に加盟しているかで比較!

【貸金業には2つの信用情報機関がある】

現在、消費者金融が審査をする際は、指定信用情報機関を利用した返済能力調査を実施することが義務付けられています。

ちなみに、貸金業法に基づく指定信用情報機関は、次の2社です。

㈱日本信用情報機構(JICC)
㈱シー・アイ・シー(CIC)

すなわち、消費者金融を営業するためには、この2つの信用情報機関の内、どちらか、もしくは両方に加盟しなければならないということです。

そして、この2つの指定信用情報機関はそれぞれ特徴が異なるので、どこの信用情報機関に加盟しているかは、結構、重要ポイントだったりします。

今回は、加盟している指定信用情報機関の違いで各中小消費者金融を比較してみました。

 

【JICCとCICは得意分野が違う】

三宅
まずは、各中小消費者金融がどこの信用情報機関に加盟をしているのか、まとめてみたので、下の図を見て下さい。

 

 

前川
JICCしか加盟していない会社はありますが、CICにしか加盟していない会社はありませんね。
三宅
そうなんです。
なぜかといえば、JICCの方が、キャッシング審査に向いているからなんです。

この2つの信用情報機関の特徴をわかりやすく言えば、

・JICCはもともと消費者金融などキャッシングに特化した情報機関

・CICは消費者金融の審査も出来るけど、本来はショッピングに特化した信用情報機関

ということになります。

JICCの方が、過去12回分の延滞日数が表示されるなど、キャッシングの審査がしやすくなっています。

前川
だから、主な消費者金融は、JICCに加入をしているんですね。
じゃあ、なんで、わざわざCICに加盟する会社があるのでしょうか。
三宅
いいところに気づきましたね。
実は、消費者金融しか営業していない会社はJICCにしか加盟していません。
わざわざCICに加盟する意味がないからです。

CICにも加盟している会社は、兼業で、信販など「クレジット事業」をやっている会社がほとんどです。

前川
そういうことですか。
そういえば、CICにも加盟しているアローライフティは、消費者金融事業だけでなく、クレジット事業も行っていますね。
三宅
ちなみに、JICCもCICも消費者金融など貸金業者からの借入れについては、互いに情報交流をしています。

消費者金融事業だけを営業するなら、キャッシンに特化したJICCに加盟するだけでも十分なんです。

 

【CIC加盟業者しかわからない情報もある!】

前川
じゃあ、CICに加盟している会社は、クレジット事業のためだけに加盟していて、消費者金融事業では利用してないんですか。
三宅
いや、CICでしか確認出来ない情報があるので、そうとも限りませんよ。
ちょっと難しい話になりますが、こういうことです。

・JICCは、貸金業法に基づく指定信用情報機関
・CICは、貸金業法と割賦販売法に基づく指定信用情報機関

ショッピングクレジットには割賦販売法が適用されるので、ショッピングクレジットしか営業していない会社は、CICには加盟しますが、JICCに加盟する必要はありません。

そしてCICは、貸金業者の情報については、JICCと情報交流していますが、ショッピングクレジットの情報は情報交流していません。

つまり、JICCには、そのお客さんの、ショッピングクレジットに関する情報は全て掲載されているわけではないのです。

前川
要するに、CICを見た方が、ショッピングクレジットも合わせた、より正確な借入れ額がわかるということですね。
三宅
そういうことです。

CICに加盟している会社は、お客さんの貸金業者からの借入れだけでなく、ショッピングクレジットなどの借入れについても把握している可能性が大なんです。

逆に言えば、JICCしか加盟していない会社は、ショッピングクレジットの借入れについては、全て把握しきれていないということにもなりますね。

 

中小消費者金融人気ランキングはこちらをクリック!
bnr_cashingranking.jpg

MiyakeSeiya

MiyakeSeiya

主にサイトの編集を担当するが、記事の執筆も行う。某銀行に勤務していたが脱サラ。金融関連の出版社との馴染みが深く、金融業界の知識も豊富。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です