実際見たこと、聞いたこと(part2)

かつて私は消費者金融での勤務経験がありますが、今回は、その現場で、実際、見たり、聞いたりしたことを、思いつくまま書いてみました。(part2)

 

柴田
なにぶん、ひと昔前のことではありますが、中小消費者金融の「ノリ」というか、「エッセンス」は感じていただけると思います。
part1もご覧ください。)

 

【今から事務所に行ってやるから待ってろよ!】

何とも物騒な言葉遣いですが、ひと昔前は、取り立ての電話をした際、この手の暴言をお客さんから、言われることも、珍しくありませんでした。
(もちろん、実際に暴力沙汰になるようなことはありませんでしたが。)

私は、こういうトラブルがある時は、本音では、ずっと、お客さん側に問題があると思っていました。

しかし、いまどきの消費者金融では、こんな話、全く聞きません。

お客さんの質が変わったのではなく、やはり、当時の消費者金融側の物の言い方に問題があったんでしょうね。

『当時のお客様気質』

 

【なんか名刺が送られてきましたよ!?】

いまどきの金融マンに、こんな話をしても信じられないかもしれませんが、ひと昔前までは、いわゆる「その筋の人」が介入してくることも、多少なりともありました。

それは、突然の電話から始まります。

「私、そちらを利用している○○から、借金の相談を受けた者ですが、今後の返済の話は私を通して下さい。
とりあえず、私の名刺をFAXしておきます。」

といった感じです。

もちろん、店頭に直接くることだってありました。

「反社会的勢力の排除」なんて言葉がなかった、20年、30年前くらいまでは、こんなアナログな手口が堂々?横行していたものです。

どうやって対応してたのかって?

そんなものが送られてきた債権は、まず貸し倒れは確定でしたね。

『もう一つの介入?』

 

【なんか電報が送られてきましたよ!?】

延滞顧客の中には、かたくなに、電話には出ず、代わりに、言い訳の手紙を出してくる人もいます。

電話しても、怒られたり、言いくるめられたりするかもしれないと思って、かけにくいという気持ちはわからなくもありません。

また、手紙ではなく、中には、わざわざ、「電報」を送ってくる人もいます。

「ヘンサイデキズ、シバラクマタレヨ」

う~ん、どうしても直接、話がしたくないんですね。

『メール文化がない時代の話』

 

【あれ、また貸しちゃってるよ!?】

消費者金融の仕事は、「融資」の部署と「回収」の部署に分かれています。

そして、それぞれの部署は、その仕事の性質上、対立しているものです。

すなわち、回収部署からすれば、
「どうしてこんな人に貸すんだ!」とか、「完全な貸付けミス!」
ということになりますし、

融資部署からすれば、
「貸さなきゃ、商売にならないんだよ!」
ということになります。

まあ、それぞれ牽制しあってる方が、組織としては健全というわけです。

もちろん、それはわかったうえですが、でも、せっかく苦労して回収した顧客に、また、融資しているのを見ると、「ホント、いい加減にしてくれ!」と言いたくなる気持ちもわかりますね。

『融資の仕事・回収の仕事』

 

【心の評価額は高い!】

昔の消費者金融は、地域に実店舗がある会社が多かったので、「不動産担保ローン」の取り扱いをしている会社が多くありました。
(現在は、法律改正で、「居宅」を担保にする場合は、総量規制の範囲内でしか融資できなくなったので、消費者金融の「不動産担保ローン」は下火ですが・・)

銀行などが行う「不動産担保ローン」は、土地家屋の評価額を算出して、その評価額の範囲内で融資をするのが王道ですが、消費者金融に流れてくる担保物件は、そもそも担保余力なんてほとんどないのが普通です。

でも、そんな余力のない担保でも、充分な意味を発揮することがあります。

例え、ペーパー上の余力が全くなくても、その人にとって「特別な不動産」といった「心の評価」が高ければ、おいそれと手放すことはありません。

例えば、「先祖代々から守ってきた土地」といったようなことであれば、例え評価がなくても、身内からの協力だって見込めるということです。

そんなところを、見極めるのが、私たちの仕事なんです。

『不動産担保ローンは鑑定に頼らない』

 

中小消費者金融人気ランキングはこちらをクリック!
bnr_cashingranking.jpg

ShibataMasaru

ShibataMasaru

自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。 当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019-01-19

    […] 柴田なにぶん、ひと昔前のことではありますが、中小消費者金融の「ノリ」というか、「エッセンス」は感じていただけると思います。 (part2もご覧ください。) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です