来店面談のススメ!?

【いまや来店不要が主流だが・・】

かつて、消費者金融の申込みは、「来店面談」が主流でしたが、無人契約機やインターネットの普及によって、そのスタイルは大きく変化しました。

いまや、「来店必須」としている消費者金融はほとんどなく、申込みはWEBからが主流になっており、全体の7割を超えています。

WEB申込みは、申込者も申込みしやすく、消費者金融にとっても大量の申込みを効率的に処理出来るので、双方にメリットがある方法です。

もはや、「来店不要」は、当たり前の時代で、この流れは今後も変わることはないと思います。

しかし、中には、あえて「来店面談」にこだわることで、事態が好転することもあります。

今回はそんな例を紹介したいと思います。

 

柴田
来店をやたら推奨するつもりはありませんが、来店することに抵抗がなく、先方も受け入れてくれるなら、来店をして、普段から人間関係を築いておくのも方法です。

但し、消費者金融側も効率化の面から、来店は推奨していないところが多く、その辺りがちょっとややこしいんだ。

融資関連にしても、返済関連にしても、見知らぬ人よりも親身になって相談に応じてくれますし、無理もきいてもらえることも多くなります。

 

【顔が見える相手の方がお金は貸しやすいというジレンマ】

近くに消費者金融の店舗がある場合は、申込みの際、あえて、来店可能なことをアピールしてみるのも方法です。

でも、これには、ちょっとしたコツがあります。

前述したように、効率化の面からも、現在、来店を推奨していない消費者金融がほとんどです。
中には、店頭での受付けを全く行っていない会社もあって、いきなり、訪ねていっても、「申込みであればWEBからどうぞ」と門前払いをくらうケースもあるくらいです。

上手く来店までこぎつけるには、例えば、「提出を求められていた、本人確認書類や収入証明を持参する」などの理由付けをしておくとよいでしょう。

また、WEB申込みの「申込みフォーム」の「備考欄」に、「近くに住んでいるので来店することも可能です。」とさり気なくアピールしておくことも方法です。

審査する立場から見れば、顔も見たことがない申込者よりも、近くに住んでいて何かあれば来店もしてくれる申込者の方が、圧倒的にお金は貸しやすいのは事実です。

但し、全ての申込者に対して、「来店面談」の相手をすることは、効率上、出来ないというジレンマがあるのです。

ポイントは、「いかに、さり気なく来店に持ち込むことが出来るか」ということです。
上手く来店まで持ち込めれば、審査は圧倒的に有利になることは間違いありません。

これは、新規申込み時だけでなく、増額時、再申込時など、全てにあてはまります。

特に、増額時は、「来店面談」することで、思わぬ、高額融資が可能になることも少なくありません。

 

【返済相談に来店は有効】

来店面談は、融資を受ける場合だけではなく、「返済相談」にも非常に有効なことがあります。

たとえ、請求金額を満額返済出来ていない状況でも、まめに来店をしているお客さんに対しては、法的措置をとることはまずありませんし、強引な返済を迫ることもないでしょう。

全体の負債のことを踏まえて、相談に乗ってくれることが多いと思います。

私の経験で言えば、多重債務で返済困難な状態になりつつあるお客さんの返済額相談に乗った結果、調停や債務整理についてのアドバイスもしたこともありますし、時には、「過払い返還」も踏まえて話をしたこともあります。
(他社で多額の過払いが発生しているようであれば、過払い返還金で清算してもらうことも視野に入れて相談に乗ったこともあります。)

また、自社で「おまとめローン」を組んでもらって、返済額を軽減したこともあります。

このように、来店相談することで事態が好転することは珍しくありません。

 

【信頼を築くのは1日にしてならず】

来店することのメリットは、ひと言で言えば、「信頼関係の構築がしやすい」ということです。

但し、前述したように、現在の消費者金融は、効率化の面からも、来店をあまり推奨していない会社がほとんどなので、いざという時に来店したくても、そのチャンスに恵まれないかもしれません。

このような状況なので、普段からの積み重ねが重要です。

もし、消費者金融の店舗が近くにあって、来店することに抵抗がなければ、毎月の返済を来店入金して、普段から人間関係を築いておくと、いざという時に役立つかもしれません。

 

中小消費者金融人気ランキングはこちらをクリック!
bnr_cashingranking.jpg

ShibataMasaru

ShibataMasaru

自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。 当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です